×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北海道 旅行 函館

旭川
函館
釧路
帯広
苫小牧
北見
網走
稚内
北海道旅行 TOP> 北海道 旅行 函館
【 concept 】
このページでは、北海道 旅行 函館 を紹介しています。
>> 当サイトオススメ !!


Google seo 対策
ホームページの集客Up !!
SEOの専門業者
http://seo7.web.fc2.com/

seo


激安 SEO 対策
yahoo googl のSEO対策
安心と信頼の
http://seo-searchrank.com/main

seo
金森倉庫
函館 金森倉庫
金森赤レンガ倉庫の歴史は、初代渡邉熊四郎が最初の事業、金森洋物店を開業したところから始まります。
明治2(1869)年、榎本武揚ら旧幕府軍が降伏し、開拓使出張所が函館に置かれた年、まさに新しい時代の幕開けでした…。
24歳の時に長崎から函館にやってきた熊四郎は、旧金森洋物店(現市立郷土資料館)・旧金森船具店で輸入雑貨や船具の販売等、数々の事業を営むかたわら函館四天王の一人として創設期の函館に数々の業績を残しました。
特に社会、文化事業に果たした役割は大きく、学校や病院の建設、公園や水道施設の整備等、多くの公共事業に私財を投じました。
函館 金森倉庫
立待岬
函館 立待岬
函館山から南東に位置する立待岬は、晴れている日には下北半島まで見えるという壮大な景色の観光スポットである。日中だけでなく、夜にはイカつりの漁火も間近に眺められるという函館らしい景色も広がる。
  またこの岬の周辺には、石川啄木一族の墓や与謝野寛・晶子夫妻の記念碑があり、文学の好きな人にもおすすめのスポットでもある。岬の左手には石川啄木が好んで散歩したといわれる大森浜も臨める。
  立待岬は寛政年間には、北方警備の台場が設置され、外国船を監視する要の地だった。
  なお立待岬の「立待」は、アイヌ語の「ピウシ」の訳で「岩上で魚を待ちヤス(漁具)で獲る場所」という意味である
函館山
函館 夜景
函館山ロープウェイは、フランスのポマガルスキー社と安全索道株式会社との技術提携により生まれた最新テクノロジーと、オーストリアのスヴォボダ社製の大型ゴンドラを導入した、125人乗りのロープウェイです。
  現在のゴンドラは4代目で、初代は30人乗り、2代目が44人乗り、3代目からは125人乗りとなり、時代と共に大型化しております。トップスピードは秒速7m、海抜334mの山頂まで約3分で到着いたします。
  今ではイタリアのナポリ、香港と並ぶ世界三大夜景の一つと呼ばれ、「100万ドルの夜景」として世界中の人々に親しまれております。
  四季によりまったく違う表情を見せる函館の夜景を、是非一度あなたの目でお確かめになってください。
  そこには光に心を奪われる、あなたの姿があるはず・・・。
函館山 ロープウェイ
五稜郭
函館 五稜郭

五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に現在の北海道函館市に建造された城郭および当時日本で建造された星型の城郭の通称。長野県佐久市の龍岡城(未完成)も五稜郭として知られるが、一般的には函館のものを指す。当時の正式名称は亀田役所土塁(柳野城とも)。国指定特別史跡。「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。

五稜郭 観光案内

函館 朝市
函館 朝市

昭和20年頃、函館駅前広場の隅に函館周辺の農業生産者の一部が、換金の必要に迫られ野菜の立売りを始める。その後市所有地を回収、昭和31年9月現在地に移転
函館朝市の信用と営業秩序を保つ推奨店看板(あさいっちゃんマーク)を揚げている連合会及び渡島農協加盟店による約300店舗
函館朝市協同組合連合会:約160店舗(5法人・5任意組合・1株式会社・2個人)
渡島蔬菜農業協同組合・朝市三友会・その他周辺店舗を合わせて約400店舗塩干物・珍味加工品・青果物・生鮮品・衣料品・米穀・生花・日用雑貨・食料品等・食堂・その他
函館 朝市公式ページ